子どもの頃に流行った「てんか」という謎の球技

これから書く内容は、おそらく昭和生まれの人にしかわかってもらえない気がします。それどころか、昭和生まれでも知らない人の方が多いんじゃないかと不安に思っています。それでも思いきって書いてみます。
僕が小学生の頃、昼休みや放課後に爆発的に流行った球技がありました。
その名は「てんか」です。 「天下」かもしれないし「テンカ」かもしれません。やっているときは、その球技名について、なんの疑問も抱いていませんでした。とにかく男の子はみんなやってました。それこそ、サッカーや野球よりも流行っていました。

スポンサーリンク

「てんか」の基本ルール

以下、覚えているかぎり「てんか」の基本ルールを書いていきます。

1対1で戦う二人用の球技

お互いに10メートルくらい離れて向き合い足を開いて立ち、両手で持ったゴムボールを股間のあたりからアンダースローで相手に向けて投げます。相手の投げたボールをキャッチできたら、同じ投法で投げ返します。基本的にはこのラリーを続けます。

キャッチの仕方で有利になる

相手のボールをキャッチする方法によって、そのあとの展開を有利に進めることができます。

クロスキャッチ

相手のボールを両手をクロスした状態でキャッチできたら、「て・ん・か」と言いながら3歩前に進んだ位置から投げることができます。

片手キャッチ

相手のボールを片手でキャッチ(サッカーのパスを胸でトラップするようなイメージ)すると、片手でオーバースローで投げることができます。わりと必殺技あつかいでした。

勝敗について

正直、まったく覚えていません。
先に何点取れば勝ちだったのか、投げたボールが相手から大きく逸れたらどうなるのかも、記憶にありません。
さらに、クロスキャッチをして3歩前に進んでから投げたボールを相手がキャッチしたら、むしろ今度は自分が不利なんじゃないかと思いますが、そのあたりのことも覚えていません。
それでも、とにかくこの球技に夢中だった記憶だけはあります。

みなさんにお願い

この、かすかに記憶にはあるんだけどルールがほぼすべて謎の球技、みなさんはご存知でしょうか。
ちなみに僕がこの遊びをしていたのは、埼玉県でした。
なにか情報をお持ちの方がいたら、ぜひコメントをくださいますよう、お願いします。

コメント

  1. 懐かしい より:

    私が小学生の頃にやってたのは
    ゴムボールではなく普通のサッカーボールくらいの固さのボール
    片手で取れたら普通に投げれる
    腕をクロスしてキャッチて3歩助走付けれる
    両手の指先だけで(掌が付かないように)取ればスローイング見たいな感じで投げれる
    取る側が取れなかったり、足を動かしたら負け
    投げる側は足を動かさないと取れない位置に投げたら負け
    そんな感じでやってた気がする

  2. ゆず より:

    埼玉の北部の人間です。
    自分が子供の頃は天下ではなく、
    てってん、または、ててん
    という名前でやってました!

  3. ソイ より:

    ふいに「テンカ」を思い出して検索したらここに(笑)懐かしいです。
    北海道です。私現在34歳、小学生の時にやってました。
    私の時は複数人5~10人とかで最後の1人になるまでの勝負でした。
    ボールは手のひらサイズのゴムボールでした。
    テンカの掛け声と3歩のルールは一緒です。

  4. たく より:

    偶然見かけたので書いていきます。
    東京港区ですが「あかだま」と呼んでいました。
    クロスで取ったら3歩前に出て投げて、その後元の位置に戻ってました。
    片手で取ったら片手で投げれます。
    複数人でやる時は横に並んで片足を付けて遊びます。
    どちらかが球を落としてアウトになったら後ろにまわり、前衛が球をうまく後ろに弾いて後衛がそれをキャッチできたら前衛に復活できます。
    味方全員がアウトになったら負けでした。
    てんか、と呼ぶのは知りませんでした。

  5. わおん より:

    福島県です。
    今から大体34年くらい前、まったく同じゲームをやってました。
    当時は「てんが」と呼んでいたので、語源は「天下」かもしれないですね。
    あとこのゲームで「てんじょう」というワードも記憶にあるのでなんか理由がありそうですが分かりません。
    そう考えると不思議な流行でしたよね。

  6. 鶴ヶ島の愁JJ より:

    57歳埼玉県川口市の南部の出身です。
    懐かしいですね!今から約47年前からで川口市の小学校で遊んでいました。
    小学3年生の時に3歳上の兄から教わりました。
    書き込みを見ると私たちのルールと大分違いますね。

    私が在学の小学校のルールです。
    毎日のようにやっていましたので今でも記憶が鮮明です。

    1.人数は、偶数で各チーム分ける。(3チームでもOK=巴戦です。)
    2,各チーム横一列(2列もOK)に並び相手チームとは、5~7m位離れる。
    3.投げ方は、普通投げと横投げがあります。
      必ず股下からボールを両手で投げることです。
      バスケットボールの様に片足を軸にピボットの様に動くことが可能です。
      動ける軸足は、各自最初に決めておきます。
      捕球時にこのピボットで動いてボールから逃げることができます。
      ・普通投げ:両足の股の間から両手で投げる。
      ・横投げ :ピボットして横から投げる。(強いボールを投げることができる。)
    4.ゲームは、基本ノーバウンドでのキャッチボールをして捕球できないと負けになり 
      勝敗は、チームが全滅したら負けになります。
    5.特別ルールがいろいろあります。
      ・捕球
      a:片手捕球(利き手)           :5~8歩獲得
      b:片手捕球(逆利き手)          :15~20歩獲得
      c:クロス捕球A(両手をクロスして掌で捕る):25~40歩獲得
      d:クロス捕球B(クロス捕球で手の甲で捕る):50~100歩獲得
      ※クラス別で後ろ向き捕球等あります。
    6.捕球時のルール(これが大事です!!)
      ボールが投球されて空中にある時だけプレーヤーは、自由に動けます。
      つまり自分の位置を変えることが出来るのです。
      高く投球された時は、時間がありますが低く早い投球の時は、動きにくいのでご注意を。
      ・投球がワンバウンドの場合
       a手前でワンバウンドの場合、ボールの着地点に向け両手を必ず向ける。
       b捕球出来ない方向に投げられた場合、その方向に両手を必ず向ける。
        向けない場合、捕球者は、負けとなる。
       ※この判定は、参加者の多数決で判定となる。
        遅い・向きが違うとか・・・
       c:ピボットで逃げる、逃げた場合、参加者が判定する。
        (至近距離の場合、外れた場合両手を向けられない為)
       ※ゲームは、投球側が有利だが捕球側にも有利になるルールとしてある。
    7.3の特別ルールで歩数を確保した人は、相手がボールを投げた際
      確保分の歩数を逃げることができ相手の投球をワンバウンドに出来る。   
      なので対決する両者が歩数確保した同士だと走り廻ることになる。
    8.プレイヤー同士でルールを決めることでいろいろなゲームになる。

    私の認識では、『天下ボール』ではなく動く時ケンケンしたらしいので
    ケンケンボールらしいのですが、いつしか『ケンカボール』から訛って『テンカボール』で
    『テンカ』と聞いています。

    このテンカボール遊びは、私の学校だけと思っていましたのでびっくりです!!

    遥か昔の記憶が蘇ります。

  7. ちゃん より:

    小学生の頃に天下が流行ったので、検索したらたどりつきました!
    私の学校で流行ったのは

    10mくらい離れて1対1で戦います
    王様と子供がいて、王様からスタートします。
    基本両手で股下から投げますが、カーブかけるのも可。スローインの形にならなければ横からだったり股下からだったりします。

    片手で取れたら片手で投げ返しです。体に触れたら片手投げはできません。
    投げかたは人それぞれです(野球やってる人は強かったなー)

    テッパンと言って、交差した手でキャッチして、上にあげ片手でキャッチすると、王様は5歩歩いて、子供は3歩歩きます。また王様が5歩歩いて片手で投げます。

    取れなかったり、ワンバウンドしたり、落としたりしたら負けです。
    子供が勝てば王様になります。
    子供は順番に一列に並んでるので、負けたら後ろに並び直しです。

    これが私が小学生の時にみんなでやってた天下です!

タイトルとURLをコピーしました