せっかくポメラDM200を買ったので、いろんな場所で記事を書いてみようと思う

グルメ, ガジェット

ほぼ間違いなく衝動買いでポメラのDM200を買ってしまいましたが、当初の目的でもあった「外出先でブログの記事を書く」を実践しようと思うので、いろんな場所で記事を書いてみます。


サイゼリヤ

せっかくポメラDM200を買ったんだし、外でブログの記事をガンガン書こうと思います。
約10年遅れくらいにしてノマドワーカーのまねでもしてみようかなと。
自分で書いていて、本当にダサいと思ってきました……。
ノマドワーカー ……なんだか恥ずかしいですね。

たぶん僕が想像しているノマドワーカーと、本当のノマドワーカーの意味は全然違うと思います。
ちなみに僕の想像するノマドワーカーは、カフェでノートPCを開いて仕事をするオシャレな人です。

まず来てみたのは、サイゼリヤです。
果たしてサイゼリヤはカフェなのかという疑問が頭をよぎりましたが、お腹がすいていたので入店不可避でした。

わかったんですが、お店の中でノートPCみたいなものを開くのって、結構恥ずかしいんですね。
これはもう、慣れるしかないです。

基本的にファミレス等のドリンクバーで長居するのに抵抗がある性格の自分ですが、お店が比較的すいている夕方の時間帯なので、初チャレンジにはちょうどいいかなと思います。

おそらくこのスタイルの最高峰は「スタバでMacBook」なんでしょうが、その域に到達するまでには、かなりの修行を積む必要を感じます。

近くの席には、タブレットにBluetoothキーボードで、それっぽい事をしているお客さんもいるので、心の中で勝手に「先輩」と呼ぶ事にしました。

秋葉原にしては意外というか、もうとっくに定年を過ぎたような年輩の方々がたくさんいます。
値段も安いですし、憩いの場になっているのかもしれません。

さて、ドリンクバーをまず注文します。
あとはサイゼリヤの大正義でもある「ミラノ風ドリア」

どれだけ食べても財布の中身が減らない事でおなじみの「ほうれん草のソテー」「柔らか青豆の温サラダ」を注文の第一陣とします。



青豆の温サラダの青豆はグリンピースなのかなんなのか問題はいまだに解決していませんが、上に乗った半熟卵を切り裂いて食べると、199円とは思えない味がします。
青豆がグリンピースなのかなんなのかですが、これだけネットでなんでも調べられる時代になっても、なぜか一向に調べようとしない事柄って誰にでもあると思います。
不思議ですね。

速攻で食べ終わってしまったので、第二陣として「白菜のピクルス」と「熟成ミラノサラミ」「ベルデッキオ」を注文します。ベルデッキオというのは白ワインです。
本当は「マグナムワイン」という、1500mlで1080円というありえない価格のワインがあるんですが、これを一人で飲むのは物理的に不可能です。

マグナムワイン、安かろう不味かろうと思いますが、実際に飲んでみると全然そんな事はなく、コンビニで500円くらいで売っているワインと比べてもひけを取っていません。

どうもサイゼリヤはワインに力を入れているらしく、今回頼んだベルデッキオはとてもお得だと思います。
まあ、一人で750mlというのも飲み過ぎですね。

ちなみにグラスワインは100円です。
いったいサイゼリヤは、どうやって利益を出しているのか意味不明すぎでしょう。




白ワインを飲みながら、ピクルスとミラノサラミを食べていると幸せな気分になってきますね。

せっかくなので、次にDM200を持って行くお店の候補も決めてみたいところです。

日高屋

つぎに挑戦したのは、まさかの日高屋です。

しかし、日高屋でDM200を広げて記事を書くのは険しさしかないので、注文した料理が来るまで適当にいじっていて、料理が来たらすぐに食べてすぐに撤退しました。




僕の日高屋でのいちばんおすすめのメニューは「バクダン炒め定食」ですね。
これは肉野菜炒めに辛味を追加したもので、とにかくごはんが進む進む。

個人的には日高屋でラーメンを注文するのは情弱だと思っています。
ラーメンは麺がのびている事が多いです。

餃子もいまいちです。

日高屋で注文すべきメニューは「バクダン炒め定食」と「野菜炒め定食」だと思います。



まとめ

この記事は、お店がどんどんと増えていく予定です。
だからなんだと言われても困りますが、DM200を買って浮足立ってる様子をお楽しみ下さいとしかいいようがありません。

Posted by kukoshakaku