「ナムコットオープン」はスーファミ最強のゴルフゲーム! キャディーさんの魅力がヤバい!

レトロゲーム

スーパーファミコンのゴルフゲームでいちばん面白いのは、恐らく「ナムコットオープン」です。

「遙かなるオーガスタ」も面白いんですが、ゴルフゲームとしてうまくまとめている「ナムコットオープン」に軍配が上がるかな? という印象です。

実際にゴルフをプレイした経験のない僕の感想なので、あまり参考にはなりませんが。

ちなみに「遙かなるオーガスタ」は、スーパーファミコンではなくPC9801版が大ヒットしました。
なんでも、コース上に生えている木の葉っぱ1枚ごとにボールに対する当たり判定があるそうです。
徹底したリアル志向がヒットの原因でしょうね。

このまま「遙かなるオーガスタ」の記事になりそうな雰囲気になってしまいましたが、ここから「ナムコットオープン」の魅力を紹介していきます。

スポンサーリンク

「ナムコットオープン」の多彩なゲームモード

ナムコットは、スーパーファミコンで「ナムコットオープン」を出す前に、「ナムコクラシック」「ナムコクラシックⅡ」というゴルフゲームをファミコンで出しています。
これがまたよくできていて、ファミコンの2作品で培ったノウハウを「ナムコットオープン」で昇華させたといえます。

ゲームモードは大きく分けると3つあり、「ラウンドプレイ」「ツアーゴルフ」「れんしゅう」になります。

「ラウンドプレイ」はさらに4種類あり、「ストロークプレイ」「マッチプレイ」「ポイントゲーム」「ベストボールマッチ」というゲームがプレイできます。

「ストロークプレイ」は、一人用の普通のゴルフゲームモードです。

「マッチプレイ」は、二人で対戦するモードです。

「ポイントゲーム」は、いろいろな項目を設定してポイントを競う特殊ルールです。
これは仲間内でゴニョゴニョをしたりするのにとても向いているモードです。
ハマるとヤバいです。お友達をなくすくらい白熱します。
くれぐれも、お友達同士でのお金のやりとりは、やめておきましょうね(?)

「ベストボールマッチ」は4人専用で、どちらかが打ったいい方の1打を選択するというタッグマッチです。
お正月のバラエティ番組のゴルフでよく見るアレです。

「れんしゅう」は、好きなホールのティーショットや、グリーンの好きな位置にボールを置いてパターの練習ができます。

最後になりましたが、「ツアーゴルフ」です。
この「ツアーゴルフ」こそが、このゲームのメインです。
「れんしゅう」でひたすら練習してから「ツアーゴルフ」をプレイするといいでしょう。
ほぼ運の要素はないゲームなので、練習をした分の見返りは必ずあります。
特に崖超えのコースやグリーンでのパット練習は何度でもやりましょう。

キャラクター作成が楽しい

現在のネトゲのようにはいきませんが、キャラクター作成のバリエーションは意外と多いです。

ナムコットオープン (J)002
男性3人女性2人から外見を選べます。
あとで選ぶ他の項目と違い、ここの選択はとても重要です。
外見は変更できません。

飛距離で優位に立つパワータイプやボールコントロールで勝負するテクニカル派、外見で選ぶヲタクタイプ。
当然、僕みたいなヲタクは右下の女性キャラを選びます。

アドバイスとしては、手っ取り早くツアーで勝ちたいなら、左上の若い男性をおすすめします。
僕は5キャラ全てを相当やりこみましたが、いちばんバランスがいいと思います。
初期状態で、とあるホールでイチゴ型の島に1オンできるので、イーグルを狙いやすいです。

とはいえ、ツアーで優勝すると能力値をアップできるポイントをもらえるので、やっぱり右下の女性キャラが安定でしょうか。

ナムコットオープン (J)004
名前を決めます。

ナムコットオープン (J)005
利き腕を決めます。

ナムコットオープン (J)006
お召し物の色を5種類の中から選びます。

いざツアーゴルフ!

「ストロークプレイ」や「れんしゅう」をやりこんだら、いよいよ「ツアーゴルフ」に挑戦しましょう!
もっとも、いきなり「ツアーゴルフ」を開始するのも、それはそれで楽しいです。

ナムコットオープン (J)012
この頃のナムコット特有の、淡い色使いのグラフィックがとても綺麗ですね。

ナムコットオープン (J)016
直感で操作できるのは、さすがファミコンで2作もゴルフゲームを出しているナムコットならではですね。

ナムコットオープン (J)017
キャディーさんに叱られるのも楽しいです!

ナムコットオープン (J)021
キャディーさんにほめられるとゾクゾクします!

運の要素がほとんどないゲームなので、足場の傾斜や風の強さと向きの特徴を覚えてしまえば、バーディーラッシュも簡単です。
まっすぐ飛ばしたいなら、傾斜に対しては2倍、風向きに対しては1倍の数値でボールを打つ位置を調節すればOKです。

とにかく、グリーンを維持して、チップインでイーグルを狙うだけで、このゲームは攻略できてしまいます。

ナムコットオープン (J)029
慣れてしまえば、-20みたいなスコアも出せます。

ナムコットオープン (J)046
本戦をすべて戦い抜くと、このくらいのスコアになります。
現実では、まずありえませんよね(笑)

ナムコットオープン (J)042
ごくたまにですが、ホールインワンも出せます。
賞金に100万が上乗せされます。

システムがわかってくればわかってくるほど、楽しくなってくるゲームです。

クラブを買い換えてパワーアップ

入賞して賞金をゲットすると、新しいクラブを購入してツアーを有利に進めることができます。
初期装備よりも優秀なクラブを買うことができます。
しかし、値段がすごい!

最初のキャロットオープンで優勝すると、賞金が1200万もらえるんですが、なにも買えません(笑)
たとえば、いちばん高級なドライバーを購入しようとするじゃないですか。

ナムコットオープン (J)049
「2億になります」

「2億になります」

ぶっちゃけ、初期状態のままでも最後の「ナムコットオープン」も余裕で優勝できます。
高級なクラブを買ったら、むしろいままでより飛距離が出すぎてOBを連発してしまうかもしれません。
なので、新しいクラブを購入したら「れんしゅう」モードを必ずやって、飛距離やコントロールを確認しましょう。

「ナムコットオープン」の魅力はキャディーにあり!

ちんたらと紹介してきましたが、僕が本当に伝えたい「ナムコットオープン」の魅力は、これです!

キャディーさんが魅力的!

ナムコットオープン (J)009
「ツアーゴルフ」を開始する前にキャディーさんを選べます。

全てのキャディーさんを紹介して、この記事を終わりたいと思います。
むしろ、キャディーさんについてだけ書けばよかったですね……。

あきよ

ナムコットオープン (J)031
教科書通りのヒロインタイプ。
仕事をそつなくこなす優等生。
好きになった男には尽くすタイプ。
イメージでしかないが、料理は得意そうだ。
もし結婚するなら、あきよ一択だろう。

さちこ

ナムコットオープン (J)032
登場時はオドオドした性格っぽい印象だが、意外とおっとりタイプ。
完全に自分のペースで行動しているので、女性をグイグイ引っ張るタイプの男性におすすめ。
女性からは嫌われるタイプかもしれない。

リカ

ナムコットオープン (J)033
リカ!! 俺だけを見てくれ!!
完全にリカしか見えない!!
もしリカがいなかったら、僕はこのゲームにそこまでハマらなかったと断言できる。
色黒でポニーテール。なんか色っぽい雰囲気がある。
親身になってアドバイスしてくれる優しさ。
気が強そうだが情に厚そう。
夜の19番ホールのワンチャンありそう!
(あと1万字くらい書けそうだけど、このくらいにしておきます……)

レイラン

ナムコットオープン (J)034
たぶん中国人。お団子ヘアーがかわいい。
優しい雰囲気だが、会話の中にビジネスに徹した態度が見えてしまう。
脳内で国の家族に稼ぎを仕送りしているみたいな妄想ができる人におすすめ。
(書いていたら魅力的に見えてきた……)

ちえ

ナムコットオープン (J)035
コテコテの関西人。
ツアーを同行するとわかるが、意外とツッコミ能力が低い。
出身は関東だったりして? とか考えると萌えてくるが、ゴルフに集中したい。

みさえ

ナムコットオープン (J)036
いわゆるお嬢様。
タカビー(死後)じゃないので、ある意味新鮮。
キャディー選びに迷ったら、一緒にツアーを回るのもいいだろう。

ゆきえ

ナムコットオープン (J)037
超おっとりタイプ。
会話のところどころにトゲがあるので、もしかしたら京都人かもしれない。
Mっ気のある男性ならツボにハマるかもしれない。

パティ

ナムコットオープン (J)038
金髪の外タレ枠。
グラフィックが使い回しなので、体型が特別にボン・キュッ・ボンしているわけではないのが残念。
コースを回っている際の会話は楽しい。

おわりに

スーパーファミコン最強のゴルフゲーム「ナムコットオープン」の紹介は、このくらいにしたいと思います。
とにかく、キャディーさんの魅力を紹介したかったのです。

というわけで、「ナムコットオープン」でした。
キャディーさんの可愛さはもちろん、ゴルフゲームとしても、とてもよくできています。
(ここまで書いてきた内容を読み返してみると、あまり説得力がなくなってしまいましたが)

機会があったら、ぜひプレイしてみてください。
リカちゃん最高です!

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku