サイリウム(ケミカルライト)の国際線への機内持ち込みについて調べてみた

アイドル

ヲタ活、はかどってますか?

今回は、サイリウム(ケミカルライト)の国際線の持ち込み制限について書いてみたいと思います。
簡単に言うと、

アイドルを追っかけて海外遠征する際、サイリウムを機内持ち込みできるのか

という事です(笑)

まず、国内線に関しては「大閃光」などで有名なルミカさんの製品は、機内への持ち込みもOKです。

国際線に関しては、不明点が多いです。
アメリカやヨーロッパ等の数日にわたる遠征の場合は、サイリウムをトランクに入れて預けてしまうので問題ありません。
しかし、韓国や台湾などのアジア遠征は、ちょっとしたボディバッグやリュックで行った方がなにかと身軽でいいので、やはり手荷物は機内持ち込みで済ませたいんですよね。

ところが「サイリウム 国際線 機内持ち込み」「サイリウム 飛行機 海外」などで検索しても、ヤフー知恵袋での「たぶん大丈夫だと思いますよ」といった、いい加減な回答ばかりで、全く参考になりません。

スポンサーリンク

航空会社に問い合わせてみた

しかたがないので、航空会社に問い合わせてみました。
今回はANAとJALの2社に質問メールを送りました。
以下、問い合わせたメールです。

国際線の機内手荷物として、ケミカルライト(一般的にサイリウムと呼ばれています)は持ち込み可能でしょうか。

目的
海外でライブをするアイドルの応援にケミカルライトを持って行きたい
海外でケミカルライトを売っている店があるのかわからない
ケミカルライトはアイドルの応援には必ず必要

機内手荷物にしたい理由
荷物をできるだけ少なくしたい
着陸したら少しでも早く会場に向かいたく、預けた荷物を引き取る時間を節約したい

その他
行く国によってケミカルライトの機内持ち込みが可だったり不可だったりといった違いはあるか

以上、よろしくお願いします。

ANAからの回答

まずはANAから回答が来ました。

いつもANAをご利用いただきましてありがとうございます。

お問い合わせについて、当デスクは、予約業務をお受けいたしておりませんため
あいにく、ケミカルライトの持ち込み可否の案内が出来かねます。

なお、爆発物、発火性・引火性物質、高圧ガス、有毒物質、腐食性物質
放射性物質、強磁気性物質、酸化性物質、有害・刺激的なものは
機内持ち込みならびに受託手荷物のお預かりが出来かねます。

今般ご指定のケミカルライトの受託可否につきましては
製品安全データシートをご用意の上、以下窓口まで
お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

なるほど、まあテンプレートどおりですね。
とりあえず、製品安全データシートとやらがないと判断できないらしいです。
また、「以下窓口」というのが電話での問い合わせになっていて、かなりハードルが上がりました。

JALからの回答

JALからも回答が来ました。

いつもJALグループをご利用いただき、ありがとうございます。

誠に恐縮に存じますが、お知らせいただきました情報では、
お持ち込みご希望のケミカルライトの詳細がわかりかねますため、
機内持ち込みの可否を明確にご案内いたしかねます。

そのため、お手数をおかけいたしますが以下の情報を、当メールの
返信にてお知らせいただきますよう、お願い申し上げます。

・製造メーカー名
・製品名、および製品番号
・製品安全データシート(MSDS)

また、機内持ち込み可否にかかわらず、国によって輸出入制限品は
異なりますが、航空会社ではご案内いたしかねますため、お客さま
ご自身で大使館などにてご確認くださいますようお願い申し上げます。

このたびは、せっかくお問い合わせをいただきましたにもかかわらず、
ご返信をお願いすることとなり申し訳なく存じますが、何卒ご容赦
賜りますよう、お願い申し上げます。

こちらはANAよりは歩み寄ってくれた印象ですね。
「製品安全データシート」に「MSDS」という略称があるのを教えてくれたのも親切な気がしました。
また、直接このメールに返信すればいいのもいいと思います。

とりあえず両社とも、製品安全データシート(MSDS)というものが用意されていない以上、うかつに回答できないという、大企業ならではの警戒心がヒシヒシと伝わってきました。



ルミカさんにも問い合わせてみた

同じ内容のメールをルミカさんにも送ってみたら、ちゃんとお返事が来ました。

この度は、お問合せいただきありがとうございます。
ルミカのカスタマーサポートを担当させていただいております○○と申します。

一般的なケミカルライト(サイリウム)については、お答えできかねますので、
弊社「ルミカライト」について回答させていただきます。

弊社「ルミカライト」で航空機搭載マークがパッケージについている商品については、
国内航空輸送のみ可能でございます。

国際線の航空輸送に関しましては、各航空会社の判断となっておりますので、
各航空会社にお問い合わせいただければと思います。

ご理解のほど、よろしくお願い致します。

うっわー! 参考にならねー!!
とはいえ、僕はルミカさんの製品が大好きなので、回答が来ただけでよしと思いました。

念の為、製品安全データシート(MSDS)について聞いてみた

しかしながら、「製品安全データシート(MSDS)」がなんなのか気になります。
念の為、もう一度ルミカさんにメールをしてみました。

お返事いただきありがとうございます。
各航空会社にも問い合わせてみたのですが、
「ケミカルライトの製品安全データシート(MSDS)を見ないと判断できない」の一点張りです。

御社では、大閃光の製品安全データシート(MSDS)というのはあるのでしょうか。
あるならそれを送っていただけますでしょうか。

もしなければ、駄目で元々で空港に直接持って行ってみます。
色々と面倒な質問をしてしまって、申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

すると、ルミカさんより返事が来ました。

この度は、お問合せいただきありがとうございます。
ルミカのカスタマーサポートを担当させていただいております○○と申します。

弊社商品「ルミカライト 大閃光 アーク」の製品安全データシート(MSDS)
を添付させていただいております。

こちらを航空会社にご提出いただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

株式会社ルミカ ○○

うおお!
ルミカさん神かよ!

メールに添付された製品安全データシート(MSDS)は、ひとつのPDFファイルでした。

このファイルをJALに送りました。

お世話になっております。
ケミカルライトのメーカーより製品安全データシートを頂いたので、添付します。
よろしくお願い申し上げます。

製造メーカー名
株式会社ルミカ

製品名
ルミカライト 大閃光 アーク

製品安全データシート
添付pdfファイルになります

これで1日待ちました。
すると返ってきた答えは……。

大閃光アークの国際線への機内持ち込みは可能!

JALからの返答は以下の通りでした。

いつもJALグループをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせいただいております、ケミカルライトの機内持ち込みに
つきまして、担当部より回答がまいりましたのでご案内申し上げます。

当社の運航便にご搭乗の際は、お知らせいただいたケミカルライトの
機内持ち込みが可能でございますことを、ご報告申し上げます。

なお、他航空会社が運航するコードシェア便は、当社とお取り扱いが
異なる可能性がございますので、改めてお調べする必要がございます。
コードシェア便をご利用される場合は、ご搭乗便名と日付を当方まで
お知らせいただきますようお願いいたします。

また、他航空会社をご利用の際は、お持ち込み可否を当社にてお調べ
いたしかねますため、お手数をおかけいたしますが、ご自身でご確認
くださいますようお願い申し上げます。

○○様のご搭乗を心よりお待ちしております。
今後ともJALグループをご利用くださいますようお願い申し上げます。

というわけで、JALの国際線に関しては大閃光アークの機内持ち込みは可能だとはっきりわかりました。

また、個人的にルミカさんとJALの好感度がグッと上がりました。

自分で試してみた

そして、いよいよ実際に自分でも試してみました。
航空会社はJAL。
持って行くサイリウムは25本入りの大閃光(バルク)です。

空港では、事前にサイリウムの事を「こういうのは機内に持ち込んでも大丈夫ですか」みたいに聞かないようにしました。

リュックに4袋のバルク(100本)のサイリウムを詰めて、普通に機内持ち込みで手荷物検査を受けました。

すると検査員から声をかけられました。

「お客様、手荷物を検査させていただいてよろしいですか?」
「はい(え、やっぱり駄目なの?)」
「リュックの中にライターがたくさん入っているようです」
「ああ、そうでしたそうでした!」
「機内に持ち込めるライターは1個までなんですけど……」
「はい! 捨ててください!」

というわけで無事に通過できました!
ライターをたくさんリュックに入れていた僕が完全に悪かっただけです。

日本に帰ってくる際はどうか

逆に海外から日本に帰ってくる際の、サイリウムの機内持ち込みも気になりました。
国によっては、サイリウムが原因でトラブルになって搭乗が遅れたりするのかなあと覚悟しました。

しかし、こちらも全く問題はありませんでした。

その後も色々と試してみた

恐らく他の航空会社や、ルミカさん以外のサイリウムも問題ないのでは? と思ったので、その後も色んなパターンを試してみました。

結論としては、大閃光以外の国際線への機内持ち込みは、まったく問題ありませんでした。
また他の航空会社の国際線に関しても、問題になった事はありませんでした。

国による事情も調べてみましたが、こちらも問題になった事がありません。

参考までに今までにサイリウムを機内持ち込みした国際空港を挙げると、

成田国際空港
東京国際空港
ホノルル国際空港
ロサンゼルス国際空港
サンフランシスコ国際空港
ヒースロー国際空港
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
仁川国際空港
金浦国際空港
上海浦東国際空港
台湾桃園国際空港
高雄国際空港
スカルノ・ハッタ国際空港

となります。
(結構遠征してるな……)

というわけで、アイドルが海外に行く際は、

心おきなくサイリウムを沢山持って追いかけましょう!

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku