「ファミリージョッキー」というファミコン異色競馬ゲームの面白さ

レトロゲーム

1987年に発売された、ファミコン競馬ゲームの雄、「ファミリージョッキー」の紹介です。

いわゆる競馬シミュレーションゲームではなく、騎手として個性豊かな16頭の中から好きな馬に乗り、全16レースを勝ち抜くバリバリのアクションゲームです。
コツがわからないうちは、最初のレースですら1着になるのは難しいですが、慣れれば一気に面白くなります。
わかってくれば、全レースで1着になるのも夢ではありません!


スポンサーリンク

操作方法

「ファミリージョッキー」の操作はビックリするくらい簡単です。

・十字キーでコースの移動
・Aボタンでムチ入れ
・Bボタンでジャンプ


以上です。

馬のステータスとアイテム

馬には6項目の初期ステータス(能力値)が設定されています。
そして、レース中の縦画面に出現するアイテムを取ることにより、ステータスを上げることができます。

ファミリージョッキー (J)0001

スピード

馬の最高速度。能力値が最大に達すると、時速100km近くで走行できるようになる。
高ければ高いほどいい。
レース中のアイテムの表記は「Sp」

スタミナ

馬のスタミナ。高ければ、走行中とムチ入れ時のスタミナ減少値が抑えられる。
かなり重要なステータス。
レース中のアイテムの表記は「ST」

ガッツ

レース中に他の馬と接触したときのスタミナ減少値を抑えられる。
そこまで重要ではないが、高いにこしたことはない。
レース中のアイテムの表記は「G」

ジャンプ

障害物を超えるジャンプ力。
最も重要なステータス。
このゲームでは、障害物を飛び越えるのに失敗すると一発でリタイア(最下位)になる恐れがある。
スタミナがなくてスピードがない状態でもジャンプ力さえあれば障害物を突破できる。
レース中のアイテムの表記は「J」

ターボ

馬にムチを入れた直後に最高速度に達するが、この能力が高いと最高速度を維持する時間が長くなる。
結果的にスタミナの減少を抑えられる。
レース中のアイテムの表記は「T」

タイプ

悪天候やダートコースなどでの能力値の低下を抑えられる。
ゲーム中の天候はランダムなので確実性に欠ける能力ではあるが、軽視はできない。
レース中にはタイプ値を上げるアイテムは登場しない。
そのため、最初からタイプ値が高い馬を選択するという戦法もアリ。

ステータスに関係ないアイテムふたつ

GⅡレース以降に出現する、ステータスには関係ないアイテムがふたつあります。

スタミナ回復アイテム

レース中のアイテム表記は「☆」
取ればスタミナが少し回復する。
超重要アイテム!
道中で他の馬に遅れをとっても、絶対に取りたい。
ムチを入れられる回数に直結する。

スタミナ減少アイテム

レース中のアイテム表記は「ドクロマーク」
取るとスタミナが少し減ってしまう。
絶対に取ってはいけないアイテム!
なんでこんなアイテムが存在するのか理解に苦しむレベル。取ってはいけない。

レースに勝つ方法

「ファミリージョッキー」で勝つには、いくつかのコツがあります。
覚えるのは簡単です。

他の馬を利用して先頭を維持する

このゲームでは馬同士が接触すると、前にいた馬がさらに前に弾かれます。
ぶつかるとスタミナが減るので、後ろにいた馬は完全に損です。
ウマく利用すれば、ムチをいっさい入れずに1着をキープすることも可能です。
スタミナ温存のためには必須のテクニックです。

縦スクロール時にはアイテムを狙う

縦スクロール時には、アイテムが3~4個出現します。
ドクロマーク以外は全て取りたいところです。
ここでは先頭にこだわらずに、アイテム優先で行きましょう。

ファミリージョッキー (J)0007

他の馬の背後に立たない

他の馬の背後にいるメリットは、ゼロです。ひとつもありません。
とくに障害物をジャンプで超えるときに前に他の馬がいると、一発で画面外に置いて行かれてリタイアになる可能性が高いです。
これは「勝つコツ」ではなくて「タブー」です。

障害物に慣れる

このゲームでは、GⅠレースは全て障害レースです。
ダービーだろうと有馬記念だろうと、障害レースです。
とにかく障害物の突破法をマスターしないとクリアは不可能です。

障害物の直前にコースにマークが出るので、タイミングを合わせてジャンプします。
コツとしては、障害物のマークが見えた直後にムチを入れてからジャンプするといいでしょう。
最高速度からのジャンプは飛距離が伸びるので、障害物に引っかかることもありません。

スタミナがゼロになっても勝てる

スタミナがゼロになってしまうと、ムチ入れでの加速ができなくなります。
それでも1着になる可能性はゼロではありません。

最終コーナーで内側の柵にベタづけします。
柵に接触するとスタミナが減りますが、ゼロになっていれば関係ありません。
この時点で前に他の馬がいなければ1着のチャンスは大いにあります。
横スクロールになったら、上下移動で確実にディフェンスしましょう。
他の馬に押してもらいながらゴールを目指すイメージです。


目指せ賞金10億円超え

全16レースで1着を取り続ければ、賞金総額はかなりの金額になります。
コースレコードを塗り替えると特別ボーナスがもらえるので、10億円超えも可能です。
1着が当たり前の域に達したら、賞金総額を追求してみましょう。

ファミリージョッキー (J)0033

まとめ

現実の競馬とはかけ離れた内容のゲームですが、ここまで楽しい「競馬ゲーム」も、なかなかないです。
ナムコの「ファミリーシリーズ」の中でも、傑作レベルです。
「ファミリースタジアム」や「ファミリーテニス」のように、スーパーファミコンで続編が出なかったのが残念でなりません。

ちなみに僕は、ブルーグラスという馬がいちばん好きです。
新馬戦さえ乗り切れば、あとは楽勝だと思うので、ファミリージョッキーが苦手な人は、騙されたと思ってブルーグラスを使ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku