それってtwitterで嫌われるツイートじゃないですか?

インターネット

twitter(ツイッター)で相互フォローの関係にあるけど、ツイートを見たくない人っていますよね。
本当ならとっととフォロー解除やブロックをしたいけど、他の人にまで波紋を呼ぶから我慢しているという人も多いのではないでしょうか。
しかし、自分も知らず知らずのうちにフォロワーにそう思われている可能性もあります。
ここでは、twitterでほぼ確実に嫌われる行為をまとめていきます。
「人に嫌われる事なんかしてないしwww」と自信がある人も、なにかやらかしているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

RT(リツイート)オバケ

1日に何度もRT(リツイート)をする人。
面白いツイートをRTするのは全然いいんです。
しかし回数にも限度というものがあります。

例えば、その人が個人的に好きなアカウントを毎日定期的にRTされるとうんざりしますよね。
僕のtwitterでは、どこかの水族館のアカウントが毎朝飼育している魚の画像のツイートと、興味がないアイドルの自撮りツイートを毎回RTされるのがイライラしたので、そのアカウントのRTを表示させないようにしました。

そもそも興味があるなら、そのアカウントをすでに自分もフォローしているんですよ。
それをRTお化けの人たちは理解できないんでしょうね。

知り合いに何度も興味がないアーティストのCDや映画を勧められるとうんざりしますよね。あれと同じです。

エアリプ厨

「エアリプ」「空リプ」などと呼ばれる行為です。
主に内輪ネタか、直接言えない批判に使われます。
会話がしたいならリプライですればいいのに、@を付けずにツイートします。

何の脈絡もなく「うざい」などとツイートし、直前にツイートしたフォロワー全員を不安にさせます。
こういうタイプは、RTを表示させないどころか、ミュート対象です。

※なお、現時点でのtwitterの仕様だと、ミュートしたアカウントからのリプライは表示されるので、ミュートされていると感付かれる可能性は少ないです。ただ、twitterの仕様変更やtwitterクライアントアプリによっては知りうる手段が存在するかもしれないので、そこは自己責任でお願いします。

延々とリプライする人たち

文字通り、延々とtwitter上で会話をする人たち。
見ている人の99%が、こう思っているでしょう。

「LINEでやれ」

たまにはいいんですよ。
毎日やられると、ミュート対象ですね。

好きでもない有名人の訃報にご冥福をお祈りする人

絶対にお前その人に興味ないだろ! って有名人の訃報をRTしたりご冥福をお祈りする人。
おそらく自分が真っ先に言及して、RT数を稼ごうとしているのだと思います。
心のこもっていないご冥福をお祈りしますに、どれくらいの意味があるのでしょうね。

実況が大好きな人

テレビアニメやニコニコ生放送を毎日実況する人。
#で始まるハッシュタグをつけて実況する人は、そのハッシュタグをミュートしてくれという暗黙のルールを理解している人。ハッシュタグ無しの実況はミュート対象です。

葬式を実況する人

「火葬なう」「納棺なう」などとつぶやく人。
頭がおかしいとしか思えないですよね。そのツイートを見て誰が得をするんでしょうか。
こういう実況に対してリプライをしてしまう人も、若干自分を疑った方がいいと思います。
(普段から仲のいい人は除く)

仕事の愚痴を延々とつぶやく人

「これから14連勤」「200時間サービス残業してる」「上司がまったく使えない。死ねばいいのに」などなど。
見ている人のほとんどが「じゃあ辞めろよ」と思っています。
自虐ネタで「いいね」の数を稼ごうとする人はいいんですが、本気で職場の愚痴を毎日つぶやいている人は、本人もフォロワーもストレスが貯まる毎日です。
早々にミュートした方がいいですね。

診断メーカー大好き人間

TL(タイムライン)で目に入った診断メーカーは全て自分でもやらずには気が済まない人。
これがまた、面白くないんですよね……。

こういうタイプの人は診断メーカーだけじゃなく、他の似たような占いも見境なくやります。
twitterとのアプリ連携も確認しないでバンバン承認するので、スパムにアカウントを乗っ取られて変なツイートを連発し、フォロワーに迷惑をかける可能性も非常に高いですね。

自己紹介欄が「 / 」で区切られた単語の羅列

ほぼ間違いないと思うんですが、頭がおかしい人の確率が多い気がします。
空気が読めないというか、自分の都合でしか物事を考えられない人が多い印象です。
売られた喧嘩も売られていない喧嘩もすべて買い、全く知らないアカウントにも何の躊躇もなくちょっかいを出します。
あげくの果てには、引用RTで大勢を巻き込んで盛大に喧嘩をします。
関わらないほうが吉です。

まとめ

ここまで読んで、どう思いましたか?
「わかる!」という方もいれば、「いや、そんな事ないだろ」という方もいるかもしれません。
それでも、おおむね納得してもらえるのではないでしょうか。
他にも思いついたら不定期に追加していきます。

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku