あの懐かし刑事ドラマ「西部警察」がHuluに登場!

Hulu, オッサンホイホイ

かゆいところに手が届きそうでギリギリ届かない事でおなじみの動画配信サービス「Hulu」ですが、ついにあの懐かしい刑事ドラマ「西部警察」が配信されました!
Huluの配信コンテンツは、いつ消えるかわからないので興味がある人は急いで観た方がいいと思います。
先日結構な値段でDVD-BOXが発売されたので買おうかどうか迷っていたんですが、まさかHuluに来ると思わなかったので待って正解でした。
もちろん、DVDという形で保存しておきたい人は、買ってしまうのもアリかと思います。

西部警察 PARTⅠセレクション 大門BOX 1 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-02-15)
売り上げランキング: 53,529

「西部警察」はとにかく派手な爆発シーンが多い

「西部警察」は、小学生の頃によく見ていた記憶があるんですが、当時は話の内容はよくわからないまま、パトカーが何台も爆発したりするのが楽しかったんでしょうね。
大人になった今もストーリーより爆発シーンに目が行ってしまいます。


第一話から装甲車が暴れまくる!

第一話と第二話「無防備都市 -前編-」「無防備都市 -後編-」の時点で、いきなり米軍の装甲車が盗まれて、市街地で大暴れします。
最終的に、何をしても歯が立たない装甲車を工場跡地に誘い込み(なぜ装甲車がホイホイやってきたのかは謎です)、放射能のガス(?)や高圧電流で破壊しようとしても駄目で、結局ハッチを開けて銃撃してきた黒人を大門さんがショットガンで仕留め、開いたままのハッチの中に上から火炎ビンを投げ込んで炎上させるという、いまじゃテレビで放送できないようなぶっ飛んだ内容です。

時代を感じさせる刑事たちの行動

刑事ドラマにはありがちなシーンといえばそうなんですが、石原裕次郎が演じる小暮課長は、課長室でブランデーをラッパ飲みするし、大門軍団はどこでもスパスパとタバコを吸うわポイ捨てするわ、運転する時にシートベルトなんてしないわで、今考えるとビックリするような事ばかりなんですが、確かに当時ってそんな感じでした。

そういえば僕が小学生の頃は、教室にあった担任の机に当たり前のようにタバコと灰皿が置いてあり、休み時間になると「いいか? 絶対にお前たちは触るんじゃないぞ」と言いながら、プカプカとタバコを吸っていました。

あと携帯電話がないのも当時のドラマならではですね。
その場で連絡を取れないから仲間を救えないシーンなどもあります。

「ゴリラ」にも期待

「西部警察」がHuluに来たので、「ランボー」や「コマンドー」のブームもあり、さらに派手な兵器が登場する「ゴリラ」というドラマも、いつか配信してくれたらいいなと期待しています。
残念ながら「ゴリラ」は、「西部警察」のような長寿ドラマにはなりませんでしたが。

Posted by kukoshakaku