シャンプーではなく石鹸で洗髪する理由は添加物が怖いから

生活

僕は洗髪するときにシャンプーではなく石鹸を使っています。
なぜかというと、シャンプーよりも頭皮の脂がよく落ちてサッパリして気持ちいいからです。
お湯で髪を充分に濡らしてから石鹸を後頭部にこすりつけるようにして泡立てると、ベタベタだった髪の毛と頭皮から脂が一気に流れ落ちます。その際、耳の中にも指を突っ込んで洗ってしまいます。耳の後ろも汚れがたまりやすいので、こすって洗います。


見てもよくわからないシャンプーの成分表

20代の頃はシャンプーを使ったりもしましたが、シャンプー自体にもリンスやコンディショナーのような成分が入っているのか、洗ったあともなにかシットリして洗い残した感じがして嫌だったんですよね。
あと、シャンプーのボトルの後ろに書いてある成分表をたまたま見たときに気になってしまいました。

これは、とある有名シャンプーの成分表です

グリチルリチン酸ジカリウム*、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、ラウレス硫酸Na、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、POEステアリルエーテル、エタノール、グリセリンモノイソデシルエーテル、ジステアリン酸グリコール、PPG、ユーカリエキス、カモミラエキス-1、DL-リンゴ酸、POE(3)ラウリルエーテル、POE(4)ラウリルエーテル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、ラウリン酸、BG、水酸化カリウム液(A)、水酸化ナトリウム液、安息香酸塩、エデト酸塩、青1、黄4、香料
(*は「有効成分」無表示は「その他の成分」)


なるほど、わからん(笑)

わからないどころか、なんか怖くないですか?
僕は低学歴なので成分を見てもさっぱりわかりませんが、これだけの化学薬品っぽいものがズラズラと並んでいて、これが頭皮に毎日かかっているのかと思うと、そのうちハゲてしまうのではないかと心配になります。


石鹸で洗髪するとハゲる?

逆に、石鹸で洗髪をするとハゲるという意見もたくさんあるみたいですよね。
「石鹸はシャンプーに比べて、洗浄力が強すぎるので頭皮に必要な脂まで落としてしまう」
「石鹸はアルカリ性なので髪の毛がゴワゴワになってしまう」
なるほどなるほど。わかる気がします。

ただ、僕の個人的な意見としては、まったくそんなことはないんですけどね。
こればっかりは髪質の個人差もあるだろうから、なんとも言えないですね。

これは有名な石鹸の成分表です

石ケン素地、香料、乳脂(牛乳)、ステアリン酸、水、酸化チタン、エデト酸塩

シャンプーよりは、なんとなく安全な気がしませんか?
まあ僕は低学歴なのでさっぱりわからないんですけどね。

ちなみに僕がいま使っている石鹸はこれです。

この石鹸の成分表です

石ケン素地

以上です。シンプルすぎます。
お風呂に入ると頭からつま先まで全身洗えるので、シャボン玉石けんひとつで事足りてしまいます。
シャボン玉石けんとアカスリだけで一生戦える気がします。

感想

僕が洗髪にシャンプーではなく石鹸を使う理由は、上にも書いたとおり「シャンプーよりもスッキリするから」っていうだけなんですけどね。シャンプーの成分表を見て怖くなったのは偶然です。
実際にシャンプーや石鹸とハゲにどのくらいの関係があるのかもわかりません。

「石鹸で洗髪」が気になったそこのあなた。
髪にいいという1本5000円以上もするようなシャンプーに飛びつく前に、まずは石鹸での洗髪を試してみてはどうでしょうか。
新しい発見があるかもしれませんよ?

※薄毛に悩んでいたり特別な事情がある方は、この記事をけっして参考にしないでください。なにがあっても自己責任でお願いします。

Posted by kukoshakaku