「ガリガリ君リッチ メロンパン味」を食べてみた感想

グルメ

ガリガリ君で有名な赤城乳業が、またやってくれました。

衝撃のリッチ三部作(コーンポタージュ・シチュー・ナポリタン)からしばらく経ちますが、今度の味は「メロンパン味」です!
ちなみに僕はコーンポタージュ味とシチュー味は食べた事がありますが、ナポリタン味に関しては存在すら知りませんでした。

先日、経済のニュース番組で赤城乳業の人が自分で言ってましたが、ナポリタン味で1億円程度の損害を出したらしいです。
そこまで言われると、むしろナポリタン味を食べてみたいと思いましたが、もう出る事はないでしょうね。
もしどこかの冷凍庫にデッドストック品が眠っていたら、駆け付けて食べさせてもらいたいです。

というわけで、「ガリガリ君リッチ メロンパン味」です。


「ガリガリ君リッチ メロンパン味」のパッケージ

まずはパッケージ外観を見てみましょう。
こんな感じです。
img_9121

コーンポタージュ味の時に感じた邪悪な気配はありません。
純粋に美味しそうです。

「ガリガリ君リッチ メロンパン味」の本体

開封すると、わずかにバター風味の香りがします。
見た目は普通のアイスですね。
img_9122

いざ実食

危険な雰囲気もないので、そのままパクリとかぶりつきます。
img_9123

この画像で見えるか微妙ですが、中に入っているクッキーがメロンパンの外側の味になっています。
正直、そこまでメロンパンの味を再現しているかというと、そうでもありません。
また、バターやマーガリンっぽい後味が長時間口の中に残り、これがアイスを食べた後とは思えません。
なかなか後味が消えないなあとパッケージ裏の成分表を見て納得しました。
甘味料にアセスルファムカリウムが入っていました。
これは、ダイエットコーラのようなカロリーオフ食品にも含まれているもので、苦手な人はとことん苦手です。

結論

結論としては、僕はもうリピートする事はないでしょう。
しかし赤城乳業のような大企業が、メロンパンをアイスで再現しようとするチャレンジ精神は評価される点です。
今後も新しい味が出たら買ってみようと思います。

やっぱりガリガリ君は、ノーマルのソーダ味が一番美味しいですね。


Posted by kukoshakaku