クソつまらない海外ドラマを途中で切る勇気! 時間の無駄を減らそう!

生活, Hulu



かゆいところに手が届きそうで届かないでおなじみの動画配信サービスHuluですが、海外ドラマがやたらと充実しまくっています。
しかしながら、普通に生活している人だと全てを観るのは無理です。というか24時間フリーの完全ガチニートの人でも無理だと思います。どうせ観るなら、できれば面白い海外ドラマを観たいですよね。


スポンサーリンク

海外ドラマはとにかく長い

僕はHuluで配信している海外ドラマでは「24 -TWENTY FOUR-」「ブレイキング・バッド」「プリズン・ブレイク」は最後まで観ました。とても面白かったです。
「ウォーキング・デッド」はまだ完結していませんが、最新話までは全て観ています。いつ完結するのか不安ですが。

これらの海外ドラマの共通点が「とにかく長い」です。
1クール(だいたい13話が基準)で終わる日本のドラマとは違い、シーズン単位(何話かではなく、第○章みたいな扱い)がいくつも続きます。100話以上なんて当たり前です。

少し前までは、こういった海外ドラマのファンは、観るためにDVDを何枚もレンタルしたり、ものすごく高い値段のDVDBOXを買っていたと思うと、Huluなどの月額固定配信サービスのありがたみを痛感します。本当のマニアはDVDBOXのような、いわゆる円盤の現物を手元に置いておきたいんでしょうけど(笑)

世間の評判より自分の感覚を信じよう

話題が寄り道してしまいました。
僕が言いたいのは、海外ドラマは長いから最後まで観て面白くなかったら完全に時間の無駄なので、つまらなかったらとっとと視聴を止めようという話です。

もし映画を観て「うわー! すごいクソ映画だ!」と思っても、飲み会での話のネタができたくらいの感覚で許せますよね。
しかし100話以上あるような海外ドラマを最後まで観て「うわー! すごいクソドラマだった!」となると、話のネタにできません。逆に「そんなにつまらない内容のドラマを最後まで観るなんて頭がおかしいんじゃないの?」と軽蔑されてしまいそうです。

「全米ナンバーワン!」
「全米で睡眠不足者続出!」
「全米視聴率トップ達成!」


みたいなドラマが面白くなかったら、それでいいんですよ。そもそも僕たちは日本人なので全米の評価は関係ないです。そんな自分にとってつまらないドラマを苦痛に耐えながら観るなんて時間の無駄です。おすすめしてきた相手が上司や先輩、恋人でも我慢する必要はないと思います。

ちなみに僕が面白くないと思って途中で切った海外ドラマの筆頭は「アンダー・ザ・ドーム」です。シーズン1を最後まで観る事ができないほど徹底的に面白くなかったです。今は面白くなってきたぞと人に勧められても、たぶん観ないと思います。

おわりに

自分にとってつまらない海外ドラマを観ている時間というのは、本当に無駄です。
1話40分だと計算すると、恐ろしいくらいの時間、人生を棒に振っている事になります。10代20代ならまだしも、30代にもなると残りの人生の時間が気になってしまいます。

そういえば、実家の母親が軽い付き合いのつもりで隣家の奥様に韓国ドラマのDVDを借りたら、「あまりもの長さ&毎回感想をしつこく聞かれる」のコンボで、かなりストレスになっていたようで、DVDを10巻ほど積んだあたりで、お互いの夫同士で話し合って解決しました。両者の関係はなんとか今でも良好を保っています。 「冬のソナタ」が面白かったという母親が似たような内容のドラマを期待して借りてみたら、戦国モノだったのが最大の原因だったようです。

面白いと思った映画を人におすすめするのはいいけど、海外ドラマに関しては慎重になった方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku