ジャンボ宝くじは当たらないから損? それなら1枚だけ買おう!

生活

ジャンボ宝くじ。僕が子供の頃は1等の賞金が2000万円くらいだった記憶があるんですが、今では前後賞合わせて7億円だとか。
夏と年末の2回しかなかったと思うジャンボ宝くじも、今では年に5回も売っています。
ところで、ジャンボ宝くじの1等に当選する確率ってご存知ですか?
「約1/1000万」です。なかなか想像できませんね。

ちょっとしたトリビアとして、ジャンボ宝くじを連番ではなくバラで10枚買っても、下一桁の数字は1~0の連番になっているのはご存知でしたか?連番でもバラでも10枚買うと、必ず1枚は当選します。末等の300円ですが……。


宝くじは割に合わないギャンブル?

お金持ちの人ほど、宝くじを買わないそうです。
なんでも割に合わないからだそうです。
また、貧乏人ほど宝くじをよく買うそうです。
一発逆転を夢見ているからだそうです。

当選する確率が果てしなくゼロに近いジャンボ宝くじを買うだけ無駄だという考えもよくわかります。
ただし、これだけは確実です。

買わなきゃ当たらない

当選する確率が「ゼロ」と「1/1000万」では大きな違いがあります。
ただし、300枚買ったところで当選する確率はたいして変わりません。
もう、やる事はひとつしかありませんよね。

ジャンボ宝くじは渾身の1枚買いがおすすめ

そもそも当たらないけど、買わないと当たらない宝くじ。
大量に買ったところで、せいぜい1万円が当たればいい方。
それなら、ジャンボ宝くじが売り出されるたびに、1枚だけ買えばいいと思いませんか?

最低限の投資で毎回抽選には参加できます。

ハズレて当たり前。万が一、億が一、当たったらラッキー。
何十枚、何百枚も買うと、当選番号が発表された時に「もしかしたら見逃してるかも?」と何度も確認するのが面倒くさいですよね。
1枚なら、確認はたった一度で済みます。

1枚だけ買うのは恥ずかしくない

ジャンボ宝くじ売り場で1枚だけ買うのは、最初は恥ずかしいかもしれませんが、すぐに慣れます。
窓口のお姉さんも仕事ですから「こいつケチくさいな」と思っても顔には出しません。安心して下さい。
購入の際は「自分は人より300円も多く納税してやってるんだ」くらいの気持ちで臨みましょう。

1500円で1年に5回も、億万長者になれるチャンスが到来します。
これって、ワクワクしますよね!

最後に

何度も言いますが、どんなに成功する確率が低い物事でも、行動に移さなければ確実にゼロです。
確率が「1/1000万」でも「1/100億」でも、ゼロに比べればチャンスがあります。
次のジャンボ宝くじから「1枚買い」してみませんか?

最後に、僕が大好きな漫画「寄生獣」から、主人公が窮地に立たされた際のコマを載せておきます。
このセリフ、本当に好きなんですよね。

zero


Posted by kukoshakaku