SIMアダプターが抜けない? 自分で解決しようとせず、すぐにショップに行こう!

生活

スポンサーリンク

白ロムを買えば、気軽に機種変更できる世の中

今の世の中、スマホの機種変更はいわゆる「白ロム」を買えば、わざわざストアに行かなくてもSIMカードを入れ替えるだけでできてしまうのですが、僕は勉強不足だったせいで、とんでもない大惨事を起こしてしまいました。同じような悲劇を他の人に味わってもらいたくないと思い、この記事を書きました。よかったら読んでみてください。

※「白ロム」とは、SIMカードが抜かれた、電話番号やメールアドレスなどの情報がない、まっさらな状態の携帯電話やスマホの事です。
また、どんなに美品でも基本的には中古品なので、そういう事を気にする人は避けた方が無難です。


どんどん新しい機種に乗り換えたいけど、最新機種じゃなくてもいいやという人にはおすすめだと思います。
画面さえ無傷なら、どうせカバーなどを装着するから、多少のキズは気になりませんよね。


SIMカードのサイズが違くても「SIMアダプター」という便利な道具があるらしい

元のスマホのSIMカードがnano SIMで、機種変更したくて買った機種がmicro SIMだったんですよね。
まあ、iPhoneからandroidに浮気してみようかなと思っただけなんですが。
調べたら、「SIMアダプター」という便利な道具があるみたいじゃないですか。
nano SIMをmicro SIMにしたり、micro SIMをmini SIMにできる変換アダプターですね。 「下駄」とも呼ばれています。

これがSIMアダプター

身近な家電製品店のビックカメラ独自ブランドのでSIMアダプターを売っていたので買ってみました。
サイズの互換性ごとに、3種類のアダプターがパックされて680円(税抜き)でした。
今回、僕が必要としているSIMアダプターはこちらです。
nano SIMをmicro SIMにして引越し先予定のスマホに挿入します。
IMG_5538

ドキドキしながら電源を入れたんですが、普通に認識して起動したので感動した事をよく覚えています。

悲劇はここから起きた!

普通にスマホが起動したのを確認しました。満足したので電源を切り、とりあえず元のスマホにSIMを戻して起動しました。twitterとかメールの確認があるので。
そして、引っ越し先予定のスマホのSIMトレイに、SIMカードが入っていない空のSIMアダプターを装着したまま元に戻しました。

これが悲劇の始まりです!

数時間後、また引越し先予定のスマホを起動していろいろ設定しようと思ったんですが、さっきまで人差し指で引っかければスルッと抜けたSIMトレイが抜けません。わりと力を入れても駄目です。

なにかが、おかしい。

ピンセットで強めにつまんで抜こうとしても、ビクともしません。
どんなに強くつまんでも抜けないけど、SIMトレイを壊したら困ります。

そこで僕は「SIMアダプタ 抜けない」でググッてしまいました。
そうして出てきた検索結果は、僕の期待に答えてくれるタイトルばかりでした。

「絶対に外せる SIMアダプタが抜けない時の裏ワザ」
「SIMカードの空アダプターが抜けなくなった」
「SIMカードが抜けない」
「SIMカードが抜けない時の対処法」


似たような事が書いてある沢山のサイトを確認したところ、「SIMトレイと同じ幅の丈夫な薄手フィルムを用意して、それを突っ込めば抜ける」というような内容でした。

当然、マネしてみますよね?

僕もやってみたところ、何度か試行錯誤したら、スポッっと抜けました!
小さな金色の金属片と共に……。

その後、SIMトレイを挿入しようとしたら、どうやっても入りません。
IMG_5539

この時点で、ものすごく嫌な予感がしました。
ふと見ると、さっきまでピカピカしていたnano SIMカードが、これですよ……。

IMG_5540

ただ、この状態で今でも普通に認識してくれています。
それだけが救いです。
わりと、下地のプラスチック見えてますけどね……。

結論としては、SIMカードをセットしていない空の状態のSIMアダプター(下駄)をSIMトレイにセットしてスマホに挿入すると、SIMカードスロットの奥にある、SIMカードを読むために爪状になった端子が引っかかって抜けなくなってしまうようです。
何度も抜き挿ししたSIMカードって、金属面に3本の引っ掻きキズが確認できますよね。たぶんあれがその爪の跡なんだと思います。

スマホに空のSIMアダプターだけ挿すのは厳禁! もし抜けなくなったら自分で解決しようとせず、とっととショップに行け!

巷にあふれる「SIMが抜けなくなったらフィルムやプラ板を使えば抜ける」っていうの、あんまり信用しない方がいいと思います。あせって自分でなんとかしようと思うのはわかりますが、僕のように壊してしまうと、無駄に修理費がかかってしまいます。僕が不器用なだけかもしれませんけど……。


いまさらだけどSIMアダプターのパッケージの裏を見てみた

いろいろと解決してから、ビックカメラで買ったSIMアダプターのパッケージの裏を見てみました。

IMG_5537

「NanoSIMカード、MicroSIMカードを装着しない状態で絶対に端末に挿入しないでください。取り外せなくなる恐れがあります」

うわー!
完全に、読んでいなかった僕が悪いですね……。
でも、パッケージの表面に書いてくれてもいいのになって思いました。

初めてSIMアダプタを使ったら、便利だからそのままスマホの中に収納しておこうって思いませんかね?
思うの、僕だけですかね……。
そうですか。

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku