AKB48総選挙でのNMB48須藤凜々花さんの結婚発表は最悪のタイミングである

アイドル

第9回AKBシングル選抜総選挙でNMB48のメンバー、須藤凜々花さんが20位の入賞を受けてのコメントがすごい事を発言しました。

「初めて人を好きになりました。私、NMB48、須藤須藤凜々花は結婚します。初めてこんなに好きになれる人に出会えました。これから私が結婚をするという気持ちも本気です」


これは本当にすごい事です。
どのくらいすごいのかを解説していこうと思います。


須藤凛々花さんの結婚発表のここがすごい

まずは本人のツイートを引用します。


総選挙の投票開始しましたっ!!
CDだけでなく、ケータイからでも投票できます👶
その場合324円です👶
面白い未来はりりぽんに任せてくださいっ!!私に任せて下されば絶対に大丈夫ですっ!!
選抜に入ってジャケ写に私が載ったCDを配りまくりたいですっ!!✨✨ジャケ写に乗るぞ〜っ!!✨


「面白い未来はりりぽんに任せてくださいっ!!」
これは結婚が決まっていたにしては、あまりにもひどいツイートです。

AKBシングル選抜総選挙というのは雑に説明すると、シングルCDを買うと中に封入されている投票券を使い、推しに投票できるというシステムです。
つまり、たくさんCDを買えばそれだけ票数を稼げるんですね。
いわゆる「組織票」というやつです。

皆さんも心当たりがあるかと思いますが「投票するために2枚も買っちゃったw」というライトなヲタクもいれば、「いやー、推しのために10枚も積んだよw」というミドルなヲタクもいれば、100枚(約10万円を同じCDを買うために使う)積むガチヲタもいれば、1000枚以上積む末期症状のヲタクもいます。

問題なのは、投票期間に彼女が結婚を発表していたら、確実に20位入賞という快挙は成し遂げられなかっただろうという点です。
彼女の推しにも、それなりにガチ恋のヲタクはいたと思います。
そして、ガチ恋のヲタクほど「俺が推しを支えないと!」という使命感でCDを積む傾向にあります。

そのCDを積んで投票した結果が発表されるという総選挙で結婚を発表するというえげつなさ。
これは完全に今まで推してくれていたヲタクの好意を踏みにじる行為だといっていいでしょう。

また、彼女はこうも言っています。

「すごく、すごく迷惑を掛けることも分かっているんですけど、自分に皆さんにもウソをつきたくないと」


ウソをついてましたよね……。
彼女の事を推していたヲタクには本当に同情します。

そして、とどめの発言がこれです。

「本当に私は自分のことをアイドルと思ったことがなくて、人への愛を教えてもらえました。本当に嬉しいですし、きっちり真剣に生きていきたいです」


自分の事をアイドルだと思っていなかったという事実。
アイドルとしての志が低いどころか、志がなかった。
これはかなりの失言だと思います。

そのへんによくいる、ヲタクと繋がって脱退する地下アイドルよりもひどいのではないでしょうか。
これだけのメジャーアイドルグループにも、こんなに意識の低いメンバーがいる事が信じられません。



もうハッキリと言ってしまいましょう。

須藤凜々花さんは最低のアイドルです。
いや、アイドルの資格がないし、アイドルだと名乗って欲しくもありません。
今まで推していたヲタクがtwitterで嘆いているのもよくわかります。
何十万円、何百万円と使ったヲタクもいるでしょう。

しかし、こういう事がいつあってもおかしくないのがアイドルヲタクの世界です。
費やしてきた金額を大っぴらに言うヲタクは、ちょっと格好悪いかなあというのが素直な感想です。

ヲタクをなめてるようなアイドルを見抜く能力も、ヲタクに求められている時代なのかもしれませんね……。
とりあえず、須藤凛々花さんをガチ推ししていたヲタクの皆さん、お疲れ様でした。
僕は彼女の事は最低だと思いますが、推していたヲタクの皆さんの事は同情しています。

誤解のないように言えば、アイドルが結婚や恋愛をするのは仕方がない事だとは思います。
ただ、総選挙で発表するというのは、完全に悪手でした。
とにかく、タイミングが悪かったと言わざるを得ません。

しかし、ここまで不自然だと、むしろ話題作りのためなのかな?
とも勘ぐってしまいますね。

さてさて、僕の推しはどうなんだろう……むしろ彼氏ができたら報告して欲しいかな(笑)

よかったらこの記事もどうぞ。



Posted by kukoshakaku