チケットを手に入れる上で「チケットキャンプ」は無視できない存在だ

生活, アイドル

人気アーティストがライブやコンサートをしてくれるのは嬉しいのですが、どうやってチケットを確保するのかという問題に、いつも皆さん頭を抱えていますよね。
ファンクラブ先行や一般先行に申し込んでも抽選に外れて

「チケットをご用意できませんでした」

というメールを見るのは、本当に嫌なものです。

そうなると、どうしてもチケットを手に入れなくてはいけません。
以前はオークションサイトで値段がガンガンつり上がっているチケットでも泣く泣く落札したりしていたと思いますが、数年前からオークションよりもチケットのやり取りが比較的健全な手段がメキメキと頭角を現してきました。

チケットキャンプというサイトをご存知でしょうか。

いまでは有名になったとはいえ、いまだにオークションサイトでしかチケットを探していない人を実際にアイドル現場でかなり見てきたので、チケットキャンプについて軽く説明していこうと思います。


チケットキャンプとはなんぞや?

チケットキャンプとは、株式会社フンザが運営する国内最大級のチケット売買サイトです。
売買もさかんに行なわれていますし、チケット売買に特化したサイトなので、オークションサイトのように面倒くさい事を考える必要がありません。
チケットキャンプの特徴をいくつか挙げてみます。

定価以下チケットは手数料無料

チケットキャンプでは、定価以下での売買には手数料がかかりません。
これは、出品者側も購入者側もありがたいですね。
チケットキャンプ側からすれば、これは客寄せパンダ的なサービスなんでしょうね。
遠慮なく利用させてもらいましょう。

よく勘違いしている人がいますが、「定価以下」というのは「定価」も含まれます。

例えばチケット代が8000円だとします。

8001円での出品は「定価以上」です。
8000円での出品は「定価以上」でもあり「定価以下」でもあります。

そして

7999円での出品は「定価未満」です。
「以下」と「未満」を勘違いしている人も多いようなので、書いておきます。

なので、チケットを定価で売りたいと思った場合、額面と同じ金額を入力してから遠慮なく「定価以下」という項目にチェックをしても問題ありません。

詐欺の心配がない「あんしん決済」

チケットを出品者から購入して入金しても、現物のチケットを確認するまでは相手には入金されずにチケットキャンプ側で管理してくれています。
チケットを手にしてから入金の許可手続きができるので安心です。
「2~5列目」という説明だったのに実際に送られてきたチケットの席が7列目だった場合は返品できます。

こういったトラブルも、オークションサイトだと訴えても時間がかかって結局ライブに行くならこのチケットしかないみたいな泣き寝入りするしかない状況になったりするんですが、チケット売買に特化したチケットキャンプなら、こういうトラブルは慣れたものなので、キッチリと対応してもらえます。

まとめ

チケットキャンプを知らないでオークションサイトでチケットの売買をしているのは、本当にもったいないです。

オークションに出して値上がりにドキドキして結局ガッカリするより、自分でキッチリと売値を決めてチケットキャンプに出した方がいい事もあると思います。

チケットキャンプ

Posted by kukoshakaku