アイドルには顔や名前を覚えて欲しいのにショップの店員には覚えて欲しくない不思議

生活, アイドル

アイドル現場に通っているヲタクなら、いちばん欲しいのは「認知」でしょう。
これは間違いないと思います。
(「認知」とは、アイドルに顔や名前を覚えてもらう事です)

しかし、よく行く飲み屋やショップの店員に顔を覚えられると、急に次から行きたくなくなるのは、いったい何が原因なのでしょうか。

これは僕が何か心の病を抱えているだけなのかもしれませんが、とりあえず考えてみます。


スポンサーリンク

アイドル現場は盛り上がりたい場所

推しに会いに行ったり、ライブで暴れて日ごろのストレスを解消したりと、アイドル現場に行く理由はそれぞれあると思いますが、基本的にはコソコソする場所ではありません。

アイドルに認知をもらいに行ったり、ライブ後の打ち上げでヲタクと飲んだりと、自分を出していく場所でしょう。
もちろん、ぼっち参戦のヲタクもいると思いますが。

ショップや飲食店はプライベートな場所

アイドル現場とは逆に、ショップや飲食店は、完全にプライベートな場所です。

人それぞれだとは思いますが、僕はよく行くお店は、誰にも見られていない状態で楽しむ場所だと思っています。

なので、よく通っているお店の人から「よく来てくれてますよね」とか「いつも来てくれるからこれサービスです」みたいな事を言われると、急にリラックスできなくなってしまい、その後からついつい足が遠のいてしまいます……。

なんというか、お店の人に常連だと認定されると、自分の行きたいタイミングではなく、いつも通わないといけないのかとか、いろいろと面倒くさい事を考えてしまいます。

なかでも僕が最も嫌だったのが、ひさしぶりに行った飲み屋の人に「ひさしぶりですね! 他の店に浮気してたんですかwww」と笑いながら声をかけられた事です。

まず、浮気とかそういう意識すら無かったので、本当にあれは困惑しました。

安くて美味しい飲み屋でしたが、もう行く事はないと思います。

性格によるのかもしれない

しかし僕とは逆で、お店で常連面をしたがる人も沢山いると思います。
こればっかりは、性格の問題でしょうね。

どちらがよくてどちらが悪いというのはないと思います。
なので、お店の人も、お客さんの見極めが重要なのではないでしょうか。

僕はアイドルには顔や名前を覚えてもらいたいけど、飲み屋の人には常連扱いをしてもらいたくありません。

「認知」とか「推し」とかのアイドル用語がわからないけど興味があるなら、この記事がおすすめです。

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku