アイドル現場でカノジョをつくるならスピード勝負がいいと思う

生活, アイドル

アイドル現場で女性のヲタクに言い寄る男性のヲタクは「女ヲタヲタ」といって嫌われる事がほとんどですが、たまにヲタク同士でのカップルが成立する事があります。

いろいろと観察している限りでは「ただしイケメンに限る」というような事でもなく、それなりに清潔感を出せている男ヲタクなら、頑張ればカノジョができるのではないかという希望が生まれてきます。

ここでは、アイドル現場で女ヲタにモテる男ヲタの特徴を考察してみようと思います。


モテるヲタクは面白い

基本的に、女ヲタが近寄るヲタクは会話が面白いですね。
それに、現場で交際相手を見つけようという気がそもそもないので、女ヲタも安心できるのかもしれません。

モテるヲタクは褒め上手

モテるヲタクは基本的にいつも女ヲタに「可愛い!」と連呼しています。
しかし、その褒め言葉には、ガチ感がゼロです。

ニュアンス的には「可愛いwwwwww」みたいな感じでしょう。

女ヲタ側からしても、変に思い詰めて褒められるより、「可愛いwwww」のように言われた方が気が楽なんだと思います。
それに、可愛いと言われたら嫌な気はしないですよね!

モテるヲタクは余裕がある

原則として、ヲタクは現場に「推しているアイドル」を観に来ているので、女ヲタの事なんか気にしていません。
しかし女ヲタヲタは、アイドルよりも女ヲタを目当てで現場に来ています。

この差は大きいです。
僕がこれまで見てきた様々なアイドル現場では、それなりに男ヲタと女ヲタのカップルが成立したり、結婚した例もありました。
しかし、女ヲタヲタが成功した例は、1件もありません。

やっぱり、現場で意気投合して仲良くなるのが基本で、一方的な女ヲタヲタは厳しいと思われます。

まとめ

アイドル現場でカノジョをつくるのは、あまりおすすめしませんが、止めもしません。
もしもいい人が見つかったら、すぐに真剣にアプローチしたほうがいいと思います。

Posted by kukoshakaku