上野アメ横「たきおか」は昼からさくっと飲めるおすすめの立ち飲み屋!

グルメ

昼間から時間があってやる事もなかったので、上野の立ち飲み屋にでも行こうと思いました。
今回のお店は「たきおか」です。

僕もよく利用しますが、ここもアメ横の立ち飲み屋を語るうえでは欠かせないお店です。


スポンサーリンク

たきおかはキャッシュオンデリバリー方式の立ち飲み屋

たきおかも、アメ横のいたる所にある立ち飲み屋の例に漏れず、注文した料理やお酒が来た時点で会計をする「キャッシュオンデリバリー方式」です。
1品づつ現金を支払います。

まずは瓶ビールを注文します。

とりあえず注文していく

やはり、この店もメニューを見渡す限りは全般的に安いです。

煮込み

まずは立ち飲み屋で定番の煮込みを頼みます。
大きな鍋の中でグツグツしているものを皿にすくって出すだけです。
これぞ、キングオブファストメニューです。


そして、小銭入れの中身をテーブルの上にぶちまけて、そこに千円札を1枚追加します。

「今日の予算はこれだけ」

と自分自身に宣言する意味合いですね。

味は普通に美味しいです。
何も足さずに何も引かない、超ド定番な味です。
安心感がありますね。

これまでの経験上、煮込みが不味い店というのはすぐに潰れてしまいます。
逆に、煮込みを不味く作る方が難しいんじゃないでしょうか。

ハムカツ

アメ横の立ち飲み屋には、ほぼ確実にあるハムカツです。
どこも似たようなものだろうと思いきや、なかなかどうしてお店ごとに個性があります。


ハムカツがきたら、まずソースをかけますね。

もう、親の仇のようにソースをビシャビシャとかけるのが正しいと思います。

ビショビショにソースがかかったハムカツにかぶりつきます。
はい、これです。


このお店のハムカツは、正々堂々と厚手のハム1枚で勝負を仕掛けてきます。
こんなの、美味しくないはずがありませんね。
美味しすぎて、写真がブレてます。

レバー串焼き

周りのお客さんのテーブルを見渡すと、あまり串焼き系には魅力を感じませんでしたが、レバーだけは美味しそうに見えたので注文しました。


はい、レバー美味しいです。
やっぱりレバーは正義ですね。

マグロ刺し

マグロ刺しが220円という意味不明価格だったので、速攻で注文しました。


しかし、これは結論からいうと失敗でした。
下に大根のツマを敷き詰めているにも関わらず、水っぽくてスカスカでした。
これは二度目はありませんね。
安い居酒屋でも、マグロのブツが600円くらいはしますからね。
これは注文した僕が悪いです。

ここで店員が「きょうはブリ! ブリだよ!」と叫びました。

ブリ刺し

脊髄反射のようにブリ刺しを頼みました。


うお、これは!

さっきのマグロ刺しとは天地の差で美味しいです。
そもそも、出てきた時点の見た目が全然違います。

ちなみにこちらも220円でした。
やはりお店のおすすめは素直に頼んだ方がいいですね。

ここでスパートをかけるために熱燗を注文。
年度末の各省庁のように予算を使い切ります。

冷や奴

この時点で冷や奴です。


なんてことはない、まさに典型的なただの冷や奴ですが、これがまた典型的なただの熱燗に合います。
なんで豆腐をパックから出してネギとショウガをかけるだけで美味しいんですかね。
謎です。

ブリ刺しおかわり

さっき食べたブリ刺しがあまりにもコストパフォーマンスに優れていたので、おかわりしてしまいました。


残りの予算を使い切ろうと思いましたが、これ以上居座るのも立ち飲み屋としてはマナー違反かなと思い、店を後にしました。

まとめ

もっと食べたいメニューもありましたが、今回はこのへんで。

キスの天ぷら
ふき煮
牛煮込み

あたりを次回は食べてみたいです。

とにかく広い店内に、飲んべえが大量に収容されているようなお店なので、看守店員が縦横無尽に大活躍しています。

完全にシステム化されている体制に感心しました。
このお店で働くのはとても大変だと思います。
僕だったら半日で辞めてしまいそうです。

この「たきおか」は、昼から飲める店としてかなりおすすめです。

運がよければ、黒髪ショートカットの可愛い店員に会えるかもしれませんよ!




スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku