子どもの頃に流行った「てんか」という謎の球技

オッサンホイホイ

これから書く内容は、おそらく昭和生まれの人にしかわかってもらえない気がします。それどころか、昭和生まれでも知らない人の方が多いんじゃないかと不安に思っています。それでも思いきって書いてみます。
僕が小学生の頃、昼休みや放課後に爆発的に流行った球技がありました。
その名は「てんか」です。 「天下」かもしれないし「テンカ」かもしれません。やっているときは、その球技名について、なんの疑問も抱いていませんでした。とにかく男の子はみんなやってました。それこそ、サッカーや野球よりも流行っていました。


スポンサーリンク

「てんか」の基本ルール

以下、覚えているかぎり「てんか」の基本ルールを書いていきます。

1対1で戦う二人用の球技

お互いに10メートルくらい離れて向き合い足を開いて立ち、両手で持ったゴムボールを股間のあたりからアンダースローで相手に向けて投げます。相手の投げたボールをキャッチできたら、同じ投法で投げ返します。基本的にはこのラリーを続けます。

キャッチの仕方で有利になる

相手のボールをキャッチする方法によって、そのあとの展開を有利に進めることができます。

クロスキャッチ

相手のボールを両手をクロスした状態でキャッチできたら、「て・ん・か」と言いながら3歩前に進んだ位置から投げることができます。

片手キャッチ

相手のボールを片手でキャッチ(サッカーのパスを胸でトラップするようなイメージ)すると、片手でオーバースローで投げることができます。わりと必殺技あつかいでした。

勝敗について

正直、まったく覚えていません。
先に何点取れば勝ちだったのか、投げたボールが相手から大きく逸れたらどうなるのかも、記憶にありません。
さらに、クロスキャッチをして3歩前に進んでから投げたボールを相手がキャッチしたら、むしろ今度は自分が不利なんじゃないかと思いますが、そのあたりのことも覚えていません。
それでも、とにかくこの球技に夢中だった記憶だけはあります。

みなさんにお願い

この、かすかに記憶にはあるんだけどルールがほぼすべて謎の球技、みなさんはご存知でしょうか。
ちなみに僕がこの遊びをしていたのは、埼玉県でした。
なにか情報をお持ちの方がいたら、ぜひコメントをくださいますよう、お願いします。

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku