冬の部屋が寒い原因は窓際にあり! 窓際の対策をして寒い冬を乗り切ろう!

生活

スポンサーリンク

冬の寒さは本当にツラい!

今年は暖冬と言われていたのに、あっという間に寒くなってきました。
朝起きて布団から出るの、ツラいですよね。
それでも二度寝の甘い誘惑を仕掛けてくる布団から出ないと、学校や職場に遅刻してしまいます。


寒い朝に布団から出るには

布団から出てしまえばセラミックファンヒーターの前で着替えたり、部屋のエアコンを入れてから風呂場で熱いシャワーを浴びたりとスムーズに事が運ぶんですが、最初の「布団から出る」が、本当に難易度が高いですよね。僕も何度も失敗しています。

布団から出られない理由は部屋が寒いから

どうして布団から出られないかというと、当たり前ですが部屋が寒いからです。部屋が暖かければ問題ありません。それならエアコンをつけっぱなしにすればいいんですが、電気代がとんでもないことになります。貴族でもないかぎり、そんなことはできませんね。
それなら、少しでも部屋を暖かくするしか方法はありません。

部屋が寒い原因は窓!

部屋が寒い原因のほとんどは窓です。どんなに壁が厚くても、窓のサッシに隙間があったら、どんどん冷たい空気が部屋に入ってきてしまいます。窓を断熱ガラスにしたり、気密性の高いサッシに交換したり、カーテンを厚手のものに交換するだけで抜群の効果が出ます。
でも、これってお金がかかりかかるんですよね……。

安上がりに部屋を暖かくする方法

見た目を気にしなければ安上がりに部屋を暖かくする方法があります。

窓際ボード

それは窓際に防寒専用のボードを設置することです。冷たい空気は窓の下から入ってくるので、それをこのボードでガードします。さらに結露も防げるというオマケつきです。僕はこのボードを使いました。

エアキャップ(プチプチ)

対費用効果がいちばん高いのが、エアキャップです。 「プチプチ」のほうがなじみがある呼び方かもしれません。
梱包に使われる、あの指でつぶしたくなるヤツです。
窓のサイズにカットして、両面テープで貼るだけです。
プチプチの凸面を窓側にします。
ダウンジャケットが暖かいのは中に空気の層ができるからで、窓にプチプチも同じような原理だと思います。
これが本当に効果があります。
見た目を気にしないのであれば、冬だけじゃなくて1年中貼りっぱなしで大丈夫です。
なぜかというと、これは高いお金を出して設置する断熱ガラスと同じだからです。
つまり、夏になったら熱い外気をシャットアウトして、エアコンの効率を高めてくれます。

ちなみにプチプチは、オークションに出品した商品の出品にも重宝するので、多めに買っておいても便利です。
僕はこのプチプチを何度も買っています。

おわりに

お金があれば、床暖房や断熱ガラスなどの対策がいくらでもあると思いますが、一般庶民にはなかなか難しいですよね。
こういう安い投資でできる寒さ対策もいいのではないでしょうか。
僕はこれで、冬の朝の寝坊が激減しましたよ!

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku