推し被り(推しかぶり)についての考え方と人間関係について

アイドル

推し被り(おしかぶり)とは、ヲタク同士で推しているアイドルが被っている状態を指します。
推し被りに関しては、色々な考え方のヲタクがいると思いますが、大きくふたつのタイプに分類できます。
「推し被りと仲良くしたい派」と、「推し被りは敵視派」です。
ここでは、そんな推し被りについての考え方について考察してみたいと思います。


スポンサーリンク

推し被りと仲良くしたい派の考え

推し被りと仲良くなりたい派は、皆で一緒に推しを応援したいという考えが根底にあります。
皆で一緒に応援すれば楽しいし、ライブ後の打ち上げでも、皆で推しの話を沢山できます。
推しについての情報交換等もできるようになります。
また、有名な推し被りヲタクと仲良くなる事によって、接触イベント中にそのヲタクと連番すると、もしかしたら認知がもらいやすくなったりするかもしれません。
(ちょっと邪道かもしれませんが)

推し被りは敵視派の考え

対して推し被りは敵視派は、まず推し被りと一緒にいるのを極端に嫌います。
皆で一緒に推しを応援しようという考えは基本的にありません。
ライブ中、近くに推し被りがいるのも許せません。なぜならレスが来た際、自分に来たのかが分かりにくいからです。
有名な推し被りヲタクと仲良くするなんて、とんでもありません!
早くこいつを追い抜いて自分こそが有名なヲタクになってやろうと敵意むき出しです。
接触イベント中に他のヲタクの名前を出すなんてありえない事です。
推しには自分だけを見て欲しい。自分を特別扱いして欲しい。

推し被りと仲良くしたい派のメリット

すぐに現場に馴染める

なんといっても、現場に馴染めるスピードが違います。
有名な推し被りヲタクは、現場でも目立つものです。
失礼のないように挨拶と自己紹介をすれば、邪険に扱われる事はないでしょう。
推し被りの友達もすぐに増えます。

推しの情報収集が捗る

ヲタクも人間ですから、推しのtwitterやInstagramを24時間監視する訳にもいきませんし、自分が寝ている間の情報は見逃してしまう可能性があります。
しかし推し被り仲間が多いと、そういったLINEグループに参加しておけば、情報を取りこぼすリスクが大幅に減らせます。

推し被りは敵視派のメリット

自分のペースで行動できる

人に合わせる事なく、自分のペースでアイドルを推す事ができます。
人付き合いが苦手な人は、世の中には沢山います。
アイドルを応援したいだけなのに、有名なヲタクに挨拶をしたりするのは苦痛だという人もいます。

他の推し被りに気を使わなくてよい

推し被りと仲良くしない事により、ライブやイベントでいい思いをした場合も、妬まれたりせずに済みます。
妬みという感情は、赤の他人よりも身内に対しての方が激しくなる傾向があるようで、ちょっとした自慢をしてしまったせいで、人間関係がギクシャクしたり、ネット上で叩かれたりと、予想以上に面倒くさい事になったりも、アイドル現場ではよくあります。


推し被りと仲良くしたい派のデメリット

有名なヲタクに頭が上がらない可能性がある

こればっかりは現場の空気次第なんですが、わりと上下関係がはっきりしているような現場だと、推し被りと仲良くしすぎると、後から入ってきた新規組のヲタクは、いつまでたっても有名ヲタクの引き立て役にしかなれなかったりします。この辺は自分で見極めるしかありません。

空気フレンドが増える可能性がある

推し被り同士で仲良くなったものの、経済的な差や熱意の差で、だんだんと疎遠になってしまう事も多いです。twitterで相互フォローになっているものの、会話をするわけでもなく、現場で見かけても声をかける事もなく。そんな関係の相手が増える可能性があります。

推し被りは敵視派のデメリット

現場になじみにくい

基本的に推し被りを避けるなら、自分から積極的に他のヲタクに声をかける機会は少なくなります。
推し被りでない知り合いもできにくいでしょうし、場合によっては寂しく思うかもしれません。

叩かれる可能性がある

推し被りに声をかけられても迷惑そうに振る舞ったり、自分勝手な行動が多いようだと、ネット上で叩かれるかもしれません。特に名前も知られていない場合は「あのデブ」「あのハゲ」「あのチビ」などと、容姿の特徴を出して叩かれるので、メンタルが弱い場合は、見てしまっただけで他界してしまうでしょう。

まとめ

さて、ここまで読んでくれた方々、何か思うところはありましたか?
推し被りに対する考え方は、いろいろあると思いますが、やはりアイドル現場での人間関係は重要です。
自分はアイドルにしか興味がないし他のヲタクとなんか関わりたくないんだ! と思っても、よかれと思って声をかけてくれるお節介な(本人は親切のつもりです)ヲタクも絶対にいます。
必要最低限の礼儀は忘れないようにして、その上で自分なりのスタイルを築いていくのがよろしいかと思います。
悪い評判が流れてしまうと、一気にヲタ活がやりにくくなりますよ!

もしこの記事にわからない単語があったら、こちらの記事を一度読んでみる事をおすすめします。
↓↓↓
アイドル用語は難しい? ドルヲタ用語辞典的にまとめてみました

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku