サイリウムを投げる「スターダスト」は、絶対にやめよう! 危険!

アイドル

2016年もアイドルの祭典TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)が無事に終了しました。
2016年は今までより開催日が1日増えて、3日間でしたね。

なかなか金曜日、土曜日、日曜日と3日連続で参加するのはハードルが高いですが、有給休暇を取ったり、体調が悪くなったり、兄弟が交通事故に遭ったり(???)などといった理由で頑張った全通したヲタクも多いのではないでしょうか。

TIFは大きなライブハウスから、そのへんの広場まで大小いろんな規模のステージがたくさんあるので、アイドルファンは発表されたタイムテーブルを見ながらどのアイドルをどこに見に行こうかと自分なりのスケジュールを組みます。

さて、TIFといえばスマイルガーデンです。
フジテレビ湾岸スタジオ横の公園に設営されるスマイルガーデンは、有料エリアと無料エリアが混在する事もあってか、毎年すごい伝説が生まれます。

観客エリアには日差しを遮るような屋根は一切なし。
熱中症のリスクと戦いながら最前に貼り付くのは、並大抵の根性では不可能。

運営側もよく考えているのでしょう、周囲を通りかかった人が「おっ、あのアイドルいいかも」と思うような、絶妙なメンツを毎年スマイルガーデンに配置しているように見受けられます。
なぜか今年のスマイルガーデンは白いバリケードで中の様子がほとんど見えなくなってしまいましたが……。

さて今回は、そんなTIF最終日のスマイルガーデンで起きた出来事についてです。


スポンサーリンク

ベイビーレイズJAPANでサイリウムを投げる「スターダスト」大会

TIF最終日のスマイルガーデンの終盤、ベイビーレイズJAPANの最後の曲「夜明け Brand New Days」で、それは起きました。


僕は前の方にいたのであまり気になりませんでしたが、凄い事になっていたようですね(汗)

上の引用させてもらったツイートの動画を再生するとわかるんですけど、花火みたいで綺麗なんですよね。
それが余計にたちが悪いという。

サイリウムを投げる行為は「スターダスト」と呼ばれています。
「星くず」という意味ですが、それも余計にかっこいいのも問題です。

一般的なアイドル現場というか、ほぼ全てのアイドル現場において、物を投げるという行為は禁止されています。
禁止される以前に、普通に考えれば物を投げるというのは良くないと思うんですけど、どうなんでしょう。

相撲というスポーツの現場でも、大金星が出ると座布団を投げるという文化(?)があります。
もしかしたら、日本人は昔から演者に向かって物を投げるのが好きだった可能性は否定できませんね……。
スマイルガーデンでは毎年サイリウムを投げるのが伝統行事のようになってしまっている一面もあります。

サイリウムを投げるのは危険行為!

わからないはずはないと思いますが、そもそもサイリウムというプラスチックの棒を投げるのは、かなり危険な行為です。

落下物には空気抵抗というものがあるので、投げたサイリウムが前方の観客の後頭部に命中したところで、まず致命傷にはなりません。
しかし、ステージ上で観客側を向いているアイドルの顔に命中したら、とても危険です。
そしてみなさんも、サイリウムが飛び交う現場に遭遇しても、絶対に後ろを振り返ってはいけません。

当たりどころが悪ければ、鼻が折れたり、最悪の場合は失明してしまうかもしれません。


どうしても投げたいなら責任は取ろう

上に引用させてもらったツイートの動画を見るとわかりますが、サイリウムの投げ方にもパターンがあります。
たまに角度が浅く前方に真っ直ぐ飛んで行くサイリウムがありますが、あれは危険で駄目な投げ方です。
サイリウムを投げ慣れているヲタクは、ステージまで届かないような角度で上手に投げる技術を身につけています。

大体の場合、それを真似した「一度もサイリウムを投げた事のないヲタク」がやらかしてトラブルになっています。

想像してみましょう。
自分がステージに立って、いろんな場所からサイリウムが飛んで来るんですよ?
そんな状況で、ちゃんと歌ってしっかりダンスできると思いますか?

何度も言いますが、ライブ中にサイリウムを投げるのは、良くない行為です。
大前提として、サイリウムを投げるのは禁止です。

どうしてサイリウムを投げたいのか、もう一度だけ自分の胸に聞いてみましょう。
「みんなが投げているから」は、理由になりませんよね?
その場で誰もサイリウムを投げてなくても、自分だけは投げたいと思う現場だったら投げてもいいのではないでしょうか。
ただし、警備スタッフに取り押さえられても、堂々とサイリウムを投げた理由を説明できるのであるなら。

※僕はサイリウムを投げる行為自体が絶対にあってはならないと思っています。念の為。
※ツイートを引用させていただきましたが、TIFのステージは本来は撮影禁止です。

スポンサーリンク

Posted by kukoshakaku